世界が認めたバレエの実力

世界が認めたバレエの実力

世界が認めたバレエの実力

バレエの世界ではたくさんの中からバレエの主役になれるの一握りの人間だけです。

世界が認めた実力でないと到底叶わない、プリンシパルといわれる主役です。

10代から30代ぐらい前半までしかバレエの舞台にはたてないといわれています。

出産をしてしまうと体型を戻すことも難しくなります。

女性にとってはアジア人特有のスタイルでは欧米人には負けてしまう傾向になります。

スタイルにとってはアジア圏のスタイルは不利になります。

しかしながら、そのバレエの業界でも世界が認めた実力で主役を勝ちとった日本人もいます。

欧米のダイナミックな動きと日本人特有の繊細さを持ち合わせて独自のほかにはいないバレエをして活躍している日本人もいます。

そしてそれは海外でバレエ留学をしている人たちや日本人に勇気を与えています。

なので、海外でも通用するよう努力やチャンスをつかんで、夢をつかむこともできます。諦めず、それに向かって立ち向かう模範のようです。