バレエについて書いています

ブノワ賞の歴史について

ブノワ賞の歴史について

ブノワ賞は優秀なバレエ関係者に与えられるロシアの賞で、バレエ界のアカデミー賞とも呼ばれています。

1992年4月29日に第1回が開催され、以降モスクワの国際ダンス連盟によって毎年春に開かれています。

世界中の有名なバレエカンパニーの主催者やスターダンサー、振付家などバレエ界の中心にいる人たちから審査員が選ばれます。

そして、彼らにより前年の一年間で最も優秀と認められたダンサーや振付家、デザイナーなどが4月29日に選出されます。

この日はユネスコの関連団体が定めた国際ダンスデーです。

その後、5月にモスクワのボリショイ劇場で授賞式と受賞者によるガラ公演がおこなわれます。

ブノワの名前は、アレクサンドル・ベノワにちなんでいます。彼は1870年生まれのフランス系ロシア人の美術家・舞台デザイナーです。

20世紀初頭のロシアで「芸術世界」の同人として活躍するかたわら、セルゲイ・ディアギレフのロシアバレエ団に随行してその舞台美術を担当し、その後のモダン・バレエのあり方に影響を与えた歴史的舞台デザイナーです。

ブノワ賞の歴史をひもとくと、受賞者には、ウィリアム・フォーサイス、ミハイル・バリシニコフ、モーリス・ベジャール、シルヴィ・ギエム、オーレリー・デュポン、ジョン・ノイマイヤー、ローラン・プティ、イリ・キリアン、マニュエル・ルグリなどの名前が並んでいます。

これまでブノワ賞にノミネートされた日本人は3人います。藤野暢央(2005)、秋山珠子(2006)、木田真理子(2014)です。

そして、木田真理子が日本人として初めて受賞する快挙を成し遂げました。

スウェーデン王立バレエ団に所属する木田は、マック・エック版『ロミオとジュリエット』でジュリエット役を初々しく演じ、そのことが高く評価されての受賞でした。

バレエ界におけるブノワ賞の歴史